2018/11/23

GPSW耐久に参加してきました。

 グリーンパークスピードウェイで行われた、耐久レースに参加してきました。
 実はオンロードのレースはこれが初めてだったりします。

Img_6204

 かなり楽しいです。
 というかチーム戦なので、先輩達のスキルを見放題です!

Img_6223


 ちなみに結果は6位。
 でもきちんと準備すればもっと行けたなぁと反省は以下


[反省点]

 ・ラップの波が激しい。
 ・もっと最短距離を走りつつラップをまとめる必要がある。
 ・ラインを照れないならもっとコーナーにゆっくり入って正確なラインを取る。
 ・ラインを先輩方と確認しておくべきだった。とくに後半。

 あと車ができたのが当日朝(T-T
 事前に車が完成していたら・・・

 ・走行練習がもっとできた。
 ・ログの結果を見ながら、コース取りや走り方のアドバイスを貰うことで、ラップタイムの改善が期待できる。
 ・走行プランを立てることにより、バッテリを効率的に使う作戦を立てもっと周回数を増やすことができる。
 ・バッテリ交換の練習をすることにより、バッテリ交換時の時間短縮が期待できる。
 ・バッテリ搭載方向の間違いを気づくことができて、バッテリ交換時間の短縮が期待できる。
 ・タイヤ交換の時に電動工具を使おうと思ったら、ソケットがホイールに合わなかった。交換の練習をしておくべきだった。
 
などなど影響は大きい。
まあ、ロガー搭載のトラブルで完成が遅れたことを考えると、ロガーの搭載方法の簡素化が必要。


その他
 ・夜、自分の車が判別できるようなわかりやすい電飾が必要。絡むと自分の車がわからなくなる。
 ・やまさんのバッテリの充電電圧のアイディアは値千金。
 ・インカムは3個、または4個欲しい。電池交換のロスをなくすのと、付け替えの手間を省きたい。
 ・ロガーのデータはすごい
 ・スーパーエースがいたのでロガーデータの価値が神レベル。
 ・スパーエースにもっとバッテリを配分する戦略をたてれればよかった。
 ・後ろ二人はもっと寄り道を減らす練習が必要。(遅くてもいい)

 伸び代しかないw

 ぜひまた参加したいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/12

ZENサーキットでタミヤ TRF103"ワイド"を走らせる その5

 本日も込み合っております、ZENサーキット。

Img_6192


 ZENサーキットも6回目となりました。
 それでは本日のTRF103です。

Img_6189


 新しいマシンではなく、TRF103のワイド仕様です。
 TRF103のフロントはF103のフロントが付くようになっているので仕様変更してみました。

Img_6191


 ボディを外すとこんな感じ。
 いつものから揚げ弁当カットですがご容赦ください。

 ただTRF103のワイド化には問題があります。
 
 モーターマウントのスペーサーは下側にしか入りません。機能としてはホイールベースを変えるだけです。
 つまり、小径のタイヤがはけません。2.5mmのすぺーさを使っても、58mmのタイヤで車高を5mm確保するのがやっとの状況です。
 そうなるとZENのF103用の接着済みタイヤが56mmなので、十分な車高が確保できません・・・


[本日の成績]

 Total laps:230
 Best Lap:14.962


D016

 徐々に常連さんのタイムに近づいてきました。


 あとは、今30.5Tのモーターを使っているので、いつ25.5Tを投入するかが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/29

グリーンパークスピードウェイでタミヤTRF103を走らせる

Img_6151


 11月に行われる耐久レースに参加するので、本日はGPSWに来ております。


Img_6154


 エンジンカーが爆走していて心惹かれます。
 チームのベテラン先輩方も来ていて色々教えていただきました。


[今回のメモ]

 ・突っ込み過ぎなので、早めに減速。コーナーの中盤からステアリングと合わせながらゆっくり開ける。
 ・センターを持ち上げてバランスを見る
 ・ラインの上を走る(ライン以外を走るとタイヤが汚れてグリップしない。)
 ・車高調整はちゃんとしておく。
 ・板は忘れない。
 ・ネジは締めておく
 ・キングピンにグリスを塗っておく
 ・フロントスプリングは消耗品


 まだまだだががんばろ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/14

メモ

そろそろ、きちんとセッティングを考える必要がある気がする。

一旦、元に戻ってセッティングと向き合おう。
ひとまず、激柔らかいピッチングダンパーとTバー逆への字は、入りが曲がらず出るときに巻くという感じ。

次回はニュートラルから初めて、固めと柔らか目を試す。
GPSW向けにはどうしたらよいものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/10

ZENサーキットでタミヤ TRF103を走らせる その5

 自宅は晴れていたのに柏に向かう途中で雨が・・・

 でもZENサーキットは10時半の時点でほぼいっぱいでした。
 レースが近いからか休日は満員御礼ですね。

Img_6088


 車があふれてます。


 前回の検討したセッティングに加え、今回はプロポを4PXからサンワのMT-44に変更しております。
 いやー、TRF103のキャンバーセッティングで1°にできない(できるのは1.5°、2.0°、2.5°の3種類)のは残念なのですが、その影響がどう出るのやら。


Img_6086


 相変わらずのマキマキ状態です。
 高橋さんに調整してもらって、改善するもまだリアグリップが足りない様子。
 ダンパーオイルは350だったのですが、150でも良いのではとの話。
 150持ってないっす。
 スプリングももっと柔らかい方が良いとのこと。
 でも、これ既にソフト何です。

 タミヤ以外のスプリングを検討するしかないのか・・・


 ちょっとコースが混んでいて・・・接触して、飛んで・・・ボディが凹みました。

 
Img_6096


 なかなかタイムが上がらないと思っていたのですが・・・ESCのエンドポイント設定を忘れていたことに最後の最後で気づきあっさりベストタイムを更新。

[本日の成績]

 Total laps:269
 Best Lap:16.524


D015

[次回に向けて]
・ダンパーオイルを150番にする。
・フロントスプリングをハードに変更。
・リアタイヤ新品投入

 くらいでしょうか。
 今回、耐久用マシンを少し走らせてみて、アンダーの方が走りやすいなと感じております。
 曲がらないけど・・・握り過ぎと言われても握りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«タミヤ TRF103のアフターパーツがタミヤにも在庫が無い件