« 京商のネジはねじ切れる | トップページ | またも買出し »

2008/11/15

アルミ加工用の道具

アルミ加工といえば、毎度ROBOSPOTに手ぶらで行ってパーツ作成って感じだったのですが、家でも作業したいと思ったので少し道具を買い揃えてみました。

 
 

↓今回購入したもの
S031


ということで、M2のタップとタップホルダー、そしてバリ取り用の『ノガ・バー3』を購入
タップはネジ穴を作るため。
そしてノガ・バー3はバリ取りって役目もあるんですが、主にアルミの角を落とすのに使ってます。
 
ちなみにタップは400円くらい、タップホルダーが3000円くらい、ノガ・バー3は1890円です。
ノガ・バー3には3種類の刃が付属しており、持ち手の空洞部分に入っています。
 
アルミ用、真鍮用、プラスチック用らしいのですが・・・どれがどれだかわかりません。
だって刃に番号とパッケージのコメントと一致させれる情報がないんです(´Д⊂グスン
 
 
仕方が無いので、Webに乗ってる写真と実物を見比べて判断しました。
最初っから付いてるやつはアルミ用らしい。
 
 
これで、家でも作業ができる~♪


 

アルミは切削しっぱなしだと切り出した角が危ないので、ノガ・バー3で角を落として、フィニッシングペーパーでさらに丸くしています。
 
これで、手触りすべすべっすよ~ヽ(´▽`)/

まあ、ROBOSPOTに6時間居てもパーツの加工が終わらないってのが正直なところなんですがねぇ。

 
 

|

« 京商のネジはねじ切れる | トップページ | またも買出し »

コメント

毎度どーも

設計図が描ける人が羨ましい。
感性で生きている僕には無理の様です。

面取りの件ですが、僕は紙やすりで何でもやってしまします。(アルミもカーボンも)
指先の感覚って、結構正確ですよ。

投稿: のりにー | 2008/11/15 23:32

野我婆さんは使い出すと離せないItemっす
旦那も最初はペーパーでやってましたけど、もう戻れません

ま、最近はな~んも自作してないですけどねw

投稿: 酉旦那 | 2008/11/16 03:13

>のりにーさんおはようございます

設計図といっても、最初は鉛筆で紙に書いてから、ROBOSPOT用にデータ起こしてます。

なので、手書きで形決め手から寸法入れるだけですよ。
あとは、ボール紙をパーツに見立てて適当に切って形を作ってから(サーボとのつなぎを確認して)、広げてデーター化もありかと思います。


そういえば、会長もCAD進んでるのかなぁ(´~`)

>酉旦那さん
いやぁ、私最近までノガバー3一択でしたよ。
昨日、タミヤのフィニッシングペーパーの袋に『金属』と言う表示をみて、おー使えんジャンとおもったしだい。


だって使い始めて20年、プラスチックしか削ったこと無かったんですよ~(;´Д`A


投稿: Hiroki | 2008/11/16 09:54

なんも、やってません。。。

なので、( ̄b ̄) シーーッ!!
そのネタ振っちゃだめ(^^;)

投稿: 会長 | 2008/11/16 12:28

>会長
今度RTに集まったときにでもみっちりやりましょう(^-^;
そんなに難しくありませんって。

投稿: Hiroki | 2008/11/16 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルミ加工用の道具:

« 京商のネジはねじ切れる | トップページ | またも買出し »