« PFプラソール | トップページ | chmファイルが開けない »

2008/11/26

Wiimote

モーションでも作っていれば良いものの、あの作業は苦手です。

なので、軽く現実逃避をしてVisual C#でプログラミング。


かなり前に少し触れた程度のWiiリモコンを利用したロボットコントロールのプログラム。
前回はキー入力を検出し、シリアルポートからRCB-3に信号を出したところで終了しております。

結果、WiiRemoteを利用してWiiコントローラの信号をKeyDowに変換していたため、WiiRemoteと自作プログラムの2つが動いておりました。

しかーし、コレだとキーボードが使えないし、間違って押したりしたらロボットが間違ったモーション再生して目も当てられないので、改良することにしました。


ここで、利用するのがWiimoteライブラリ。
コレを前回作成したプログラムに組み込み、直接Wiiコントローラの動きを検出します。


でも、説明からなにから全部英語なんですよ。
私英語が苦手です。できれば避けて通りたいくらいです。


なので、サンプルを見ながら勘でプログラミング・・・

でもたった今、勘で書くならサンプルにシリアル出力を追記して動きを確認したほうが早いと気づき、あっさり方針変更~へ(´∀`ヘ)カタカタカタ


でも前回コメントを一切入れてなかったので、シリアル出力のプログラムに何が書いてあるのか、ぱっと見わからないという罠が・・・


つづく

|

« PFプラソール | トップページ | chmファイルが開けない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wiimote:

« PFプラソール | トップページ | chmファイルが開けない »