« 線材の選び方 | トップページ | ストライカーの足裏 »

2009/02/23

線材の太さ

ケーブルは一般的に長さの増加や、断面積の減少によって抵抗が増加する。

メーカーのページなどにはサーボリードの詳細は載っていない。

#『サーボ性能を損なわない十分な通電容量を約束。』なんて売り文句より線材の詳細を記載して欲しいものだ。


グーグル先生に問いかけ続けたところフタバのリードは165Ω/kmとかいう記述を発見したがメーカーのページではない。
まあ線材の種類もそんなに無いだろうし、太さから見て抵抗が1/3なのは妥当と思われる。


過去、KONODOのケーブルで60cm程度のものを自作したことはある。
つーことは、1/3で20cmくらいだったら問題無くいけんじゃないの?という結論にすることにした( ̄▽ ̄;

いや、ホント情報がないです。


よって、まずは長さが短くあまり動作しない上半身のサーボリードを、RC30に変更してみることにします。

そういえば、サーボのスペックにWとかAとか無いですよね。
変化するとはいえ、最大値とかは無いのだろうか・・・

|

« 線材の選び方 | トップページ | ストライカーの足裏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線材の太さ:

« 線材の選び方 | トップページ | ストライカーの足裏 »