« 第一回チキチキロボマッチに参加してきた。(その2) | トップページ | いつの間にか1年たった(その2) »

2009/03/18

いつの間にか1年たった

そういえば、3月13日でロボットをはじめて丸1年になりました。
もはやルーキーではないなぁ。

新人王は採り損ねたようだ(w


1年間で思ったことを簡単に書きたいと思います。
あくまで新参者目線ですので、内容がびみょーなのはご了承ください。

【その1:店選び】
店についてはネットであらかじめ調査し、RTと九十九があることを把握してました。(ROBOSPOTは当時知らなかった)
当時はもう少しホビーロボットは広まっていると思っていたのですが、実は秋葉にも取扱店が3件しかないということをかなり後になって気づきます。意外ににマイナーホビーだった?。


RTで購入したのは店員さんの対応がよかったからだが、RTに入ったのは運かもしれません。

秋葉の空間に慣れているならともかく、一般人のしかもロボット新参者がRTの閉まっている扉に手をかけるのはかなり勇気が必要でした。
家電量販店には良く行くが、ちっこいビルの5階の小さいドアを開けて入るというのは、『ふらっと見る』の領域を逸脱していると当時の私は思う。


実はRTにたどり着く前に挫折している人が少なからずいるのではないかと思います。


中に入ってみると、サロンのようなくつろぎ空間なのですが( ̄▽ ̄


【その2:ロボット選び】
かなり早い段階でMANOIを購入することは決まっていました。
見た目がよかったから。
ロボットとはいえカクカクシカジカはどうよと。

だが最後までATとPFは迷いました。
どちらにしても、競技会で速さを追求するためにかなりの改造を考えていたのですが、ATを購入することにしたのはぺぺさん以上に手をかけたPFを作れるとは思えなかったからです。

購入検討段階でぺぺさんのHPは拝見しておりました。(思えばRTの存在もぺぺさんのブログから知ったような気がします)
改造の考え方が私と同じだったこと、私では資金的に難しいレベルの改造まで着手されていましたので、素直にATで記録を狙うことにしました。

振り返ってみても、この判断は正解だったと思います。

【その3:競技会】
正直、初心者にとってロボットの競技会は敷居が高いです。
よほどのパワーがないときついでしょう。
ロボットを歩行させるのは本当に難しいのです。なのにさらに競技会に出て競うというのは厳しいです。

せめて『歩行講座』みたいなセミナーがあって、ある程度歩行の原理を理解し、競技会に出るという過程があればよいのですが・・・

その点、KONDOはうまいと思います。私自身KONDOの講習会に2回参加しました。サッカーなどの講習会もありますので、講習会で知り合いになり、ROBOSPOTでなじみになり仲間を増やして競技に参加ということができます。
かつKHRクラスとオープンクラスがあり、ある程度初心者と上級者が棲み分けできるのも良いと思いました。


MANOIも『競技会にむけた歩行講習会』のようなものを実施し、初心者と上級者を競技会で分けたほうが良いのではと思います。

つづく

|

« 第一回チキチキロボマッチに参加してきた。(その2) | トップページ | いつの間にか1年たった(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にか1年たった:

« 第一回チキチキロボマッチに参加してきた。(その2) | トップページ | いつの間にか1年たった(その2) »