« 反省会 | トップページ | サッカー用足裏その後 »

2009/08/10

ロボットサッカーの足裏について

サッカー用のロボット製作にあたり、やはりレギュレーションの読み込みは重要です。

特に足裏サイズは、動きや安定性にかかわるので確認が必要です。


ROBO-ONE SOCCERはタイルカーペットなので、今回利用したソールは起毛や段差をスムーズに乗り越えれるように接地する足裏周囲を45度で削っています。


ここで確認しなければならないのは、足裏サイズをどこで計測するかです。
 
 
 
 
 


▼横から見た図
Sv62


純粋な接地面(a)で計測するのか、パーツ投影サイズ(b)の長さで計測するのかで若干変わります。

今回参加したROBO-ONE SOCCERは接地面(a)を計測対象としています。

この辺はバトルと違い、足裏意外が設置しても問題ないサッカーのルールに起因している部分があるのかもしれません。


 
 
 

ということでロボットサッカー大会に積極的に参加していくからには、レギュレーションをきっちり確認しなければなりませんので、他の競技会についても確認したいと思います。

#ロボサッカー2009はメールの連絡先が見当たらないなぁ・・・コメント欄に質問しちゃおーかなぁ

|

« 反省会 | トップページ | サッカー用足裏その後 »

コメント

ロボサッカーの管理人のかつです.

連絡先についてですが,他の参加者と共有する意味でも,できるだけコメントにて質問していただきますよう,よろしくお願いいたします.

投稿: かつ | 2009/08/12 14:45

>かつさんこんばんは

了解しました。
不明点はコメント欄に質問させていただきます。

投稿: ひろき | 2009/08/12 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロボットサッカーの足裏について:

« 反省会 | トップページ | サッカー用足裏その後 »