« 次回アスリートカップに向けてのメモ | トップページ | 多脚自律ビーチフラッグ競技 »

2013/02/02

はまぎんこども宇宙科学館

□昔を思い出す。

  先日のアスリートカップの空き時間に5階まである科学館の中をぐるっと
  回ってみました。
  この科学館に来たのは初めてなのですが、なんか懐かしい感じがしました。

  私が見て面白かった展示を少しご紹介します。


ちなみに撮影はXperia AXで行いました。
 

 
▼スイングバイの展示
P012


手前の装置から、ボールを発射し奥のゴールに入れるゲームです。
ただ、途中にはすり鉢状の穴が開いています。
このすり鉢状の穴の淵をかすめるようにして、ボールの進路を曲げることで
ゴールにボールを入れることができます。
なかなか難しいくて、私は10回やって一回しかゴールに入りませんでした(^^;

 


▼偏光ガラス
P013

 
色のついていない絵が回っているのですが、偏光ガラスを通してみると色がつくという
とてもわかりやすい展示です。
原理とかの説明はあったかな・・・?


 
 
▼よくわからない大型の装置


P014

 
すいません、何をやる装置は不明です。
しかし、子供が乗れるような装置が設置されてるのはすごいなぁ。


 

▼プラズマボール・プラズマチューブ

P015

懐かしいプラズマボールです。
私が小学生くらいの頃にも見たような気がする。


P016

プラズマチューブ。初めてみました。
プラズマボール同様、手を接触させるとプラズマが寄ってきます。


という具合に色々あります。少し古臭い感じもしますが、そもそもの基本的な原理は
昔から変わってませんし、子供に馴染みやすく作られています。

科学館は久しぶりですが、なかなか面白いですね。


 

調べてみるとプラズマボールは買えるようです。
中国製なのが気になりますが・・・



|

« 次回アスリートカップに向けてのメモ | トップページ | 多脚自律ビーチフラッグ競技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はまぎんこども宇宙科学館:

« 次回アスリートカップに向けてのメモ | トップページ | 多脚自律ビーチフラッグ競技 »