« クロネコポイントでもらえるミニカーがアレな件 | トップページ | 2014年 あけましておめでとうございます。 »

2013/12/23

Androidのスマートフォンを落として液晶が割れてまったく操作できない状況に陥った上に電話帳のバックアップを取っていないことに気付くという最悪の状況に陥った時の対処方法のようなもの

 
 タッチ操作が便利なスマートフォンですが、剥き出しの液晶はかなりもろいです。私もいちど満員電車でもみくちゃになった拍子に、カバンの中のスマホの液晶が割れました。
 きょうはそんなスマホの液晶が割れてしまった時の話です。


▼割れてしまった液晶画面
Pc135

 写真のスマホは、1m位の高さから落としたところ割れたとのことです。
 もうこうなると、一切の操作を受け付けず電源も落とせなくなります。(しかたがないのでバッテリーを抜きます。)

 ふつうは新しいのに交換してデータを移すことになります。
 私が液晶を割った時も、バックアップセンターにバックアップしていたデータから復元しました。
 

 ところがまずいことにこのスマホは電話帳のバックアップを取っていなかったため、私が何とかすることになりました。

 まあ電話帳は外から見れないフォルダに入ってますので、リモートではどうにもできません。(デバッグの設定になっていれば別ですが・・・)
 
 そんな場合に便利なのがこちら。


▼USB変換アダプタ
Pc136

 5百円前後で購入できます。

 これで何をするかというと・・・マウスを接続します。
 タッチ操作ではなくマウスで操作するのです。
 

▼接続例
Pc137


 これでマウスで操作できるようになるので、液晶が表示できるレベルであればバックアップの操作が可能です。
 あとは機種に付属しているバックアップアプリを起動して、SDカードに電話帳をバックアップすればOKです。
 
 ということで、液晶を割ってしまった時の豆知識でした~。


 

|

« クロネコポイントでもらえるミニカーがアレな件 | トップページ | 2014年 あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Androidのスマートフォンを落として液晶が割れてまったく操作できない状況に陥った上に電話帳のバックアップを取っていないことに気付くという最悪の状況に陥った時の対処方法のようなもの:

« クロネコポイントでもらえるミニカーがアレな件 | トップページ | 2014年 あけましておめでとうございます。 »