« TechShop TokyoでレーザーカッターSpeedy300を使う | トップページ | 【Arduino】ブラシレスモーターのホールICを読む »

2017/04/05

TechShop Tokyoでレーザーカッターの練習

 先日SBUを受けたレーザカッター。今回は実際に色々使ってみます。

 まずは彫刻する際の焼き具合を見るためにサンプル作成。

 
 

 Img_3522
上の3つは写真最適モードでPowerが90、Speedが左から30,40,50と設定を変更して彫刻
下の1つはPower90のSpeed40で標準モードで彫刻


 正直、写真最適化モードと標準かモードで仕上がりの違いはわからず・・・
 ほかに違いが出る部分があるのかは、もう少し確認の余地があるのかもしれません。

 次はデニム生地に彫刻。

Img_3525
デニムは彫刻すると元の生地の色が出てくる


 もう少し出力を強くするとどうなるか興味があるので、いつか追加の検証をすることにします。


 次はトロテックのサイトにアップされている車のオーナメントを作成してみました。

Img_3537
4パターンの出力設定で検証


 MDXでの切削と比較するとはるかに速いので感動しました。
 作品の出力はあっという間です。

 レーザカッターはやはりその加工のスピードが魅力ですね。
 これならある程度の数の生産も可能だと思います。

 ただ課題はデータ作成。


 Illustratorが必要な上にその操作にはある程度慣れが必要なので、そこがネックだと思いました。
 Fusion360から出力できたらいいのに・・・


 ちなみにレーザカッターを一から始める場合、SBUではIllustratorを使ったデータ作成や他のデータ形式から出力したい場合の作業、標準モード以外の説明などはほぼ無いに等しいので、その辺は自身で習得する必要があります。できれば一回講習のようなもので習ったりした方が良いかもしれません。

 

[TechShopについて]
 今回、SBUを一つ都合により前日にキャンセルせねばならなかったのですが、どうもキャンセルは2日前までということらしい。どこにも書いてないけど・・・・

 実はレーザカッターのSBUでは受付で10日ほど前に予約したのにもかかわらず、予約が入っていないということもありました。今のシステムは会員側で予約を確認することはできないんですよ・・・

 このへんシステム化してしまえば良いと思うのですが・・・、あえてアナログ感を残しているのかもしれません。人を介さないと完結しないのもありだと思う。

 今後注意しよう。

|

« TechShop TokyoでレーザーカッターSpeedy300を使う | トップページ | 【Arduino】ブラシレスモーターのホールICを読む »

コメント

テックショップのDC(スタッフ)の方に聞いたのですが、Fusion360のスケッチから出力できますよ。Fusionのブラウザで出力したいスケッチ上で右クリックして、「DXF形式で保存」をすればOKです。保存ファイルをIllustratorで読み込んで、レーザーカッター用に線の太さ・色を変更します。

スケッチにレーザーカットしない線がたくさんある場合には、Illustratorで削除するのが面倒なので(中心線とかも保存されてしまうこともあり)、もとのスケッチと平行な平面にスケッチを新規作成して、出力したい線だけを「スケッチ>投影/含める>プロジェクト」で書き出しています。

投稿: じょーじ | 2017/04/06 12:28

>じょーじさん
今度、IllustratorにDXFで読み込ませてみます。

二つ目のアドバイスもありがとうございます。
基準線とかスケッチ分けて書くことにします。

投稿: ひろき | 2017/04/08 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29844/65109186

この記事へのトラックバック一覧です: TechShop Tokyoでレーザーカッターの練習:

« TechShop TokyoでレーザーカッターSpeedy300を使う | トップページ | 【Arduino】ブラシレスモーターのホールICを読む »