« タミヤ サテンシルバーアルマイトの裏うちについて | トップページ | ZENサーキットでタミヤ TRF103を走らせる その3 »

2018/09/16

ZENサーキットでタミヤ TRF103を走らせる その2

 今回は夕方からZENサーキットへ

 Img_5602

 暗くなると照明がつきます。
 気温は涼しいですね。前回は猛暑日中の猛暑日で過酷だった。
 ただ、最近雨だったからか"虫"が多いです。
 前回は全く見なかったのに・・・
 虫よけ必須!

 

Img_5601


[本日のメニュー]

 セッティングは前回のまま。
 ただし、メカはブラシレス30.5Tのリポ(横積み)
 メカの変更がどれくらい影響するのかということなのですが・・・

 かなりピーキーな感じになってしまいました。
 ステアリングが敏感というか、ステアリングの切り始めでがすごく切れる感じ。
 なんだろう?ロールが増えたからだろうか。すごく走らせ難い。
 でも特にセットは変えずに走り込んでみました。

 
[本日の成績]

 Total laps:148
 Best Lap:19.178


 
Mylaps_001

途中でぶれているのは、蚊に襲われているからw

[次回に向けて]
 ・グリップ剤は忘れない
 ・BECを 7.4vから6.0vの戻す。
 ・ピッチングダンパーの柔らかいスプリングを用意する。
 ・車高調整(たぶんスポンジ減ってる)
 
 
ちなみにBECってBattery Eliminator Circuitryの略だったのね。
バッテリー除去回路って・・・


 あともう少しギア比を上げようかと思います。
 そういえばスポンジタイヤの車では"指数"というのを使うとか。


 指数とはモーターが一回転した時に進む距離とのこと。

 とすると今の状態は 
 ・タイヤの直径:61.8mm
 ・スパー:96T
 ・ピニオン:24T

よって
 指数=61.8×3.14÷96×24=48.51

 モーター1回転で48.51mm進むということですね。


|

« タミヤ サテンシルバーアルマイトの裏うちについて | トップページ | ZENサーキットでタミヤ TRF103を走らせる その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29844/67173449

この記事へのトラックバック一覧です: ZENサーキットでタミヤ TRF103を走らせる その2:

« タミヤ サテンシルバーアルマイトの裏うちについて | トップページ | ZENサーキットでタミヤ TRF103を走らせる その3 »