2013/07/06

multi charger X1 MF

□リポ用充電器

 以前使っていたハイテックのLN-3008 EQUが一つ壊れたので、新しい充電器を探しておりました。
 欲しい機能としては
 1.AC電源対応(AC電源に改造するのはめんどくさいので)
 2・液晶ディスプレイがついて高機能(ラジコン用の機能も欲しかった)
 3.小型
 4.1万円以下

 

 ということで、今回購入したのは「multi charger X1 MF」。

 日本橋模型で8,730円でした。
 

 
▼中身

 Pc097
 
 
 本体自体はコンパクトです。しかしながら電源ケーブルが太い・・・
 
 使った感じは良好です。
 液晶表示もカタカナですが日本語で出ます。

 いずれパソコンと接続して、情報を表示したりしてみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/10

HEXBUG Spider

nobotronicsさんのブログに登場していた6足ロボット。
Amazon.com(本国のサイト)から買えるということで、早速購入してみました。


価格はたしか30.25ドル。


アメリカのショップで買ったのになぜか香港から、しかも船で21日くらいの予定が空輸され即届きました・・・

▼ダンボールで梱包
P001

▼本体はプチプチで包まれてます。
P002


▼ケースに入った状態
P003

▼本体とコントローラ
P004


動きはかなり感動ものです。
この動きがモーター2個とは驚きですね。
機体を旋回せずに歩行の方向を帰れるところがミソですね。


▼動画

ついでに、メーカーの動画もどうぞ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/09

単品販売希望

ふと、ROBOSPOTにてKENTAさんとストライカーの部品の話になった。


K「これなんですか?」
ひ「テフロンシートだったかな?」
K「どこで買いました?」
ひ「いやぁ、これ"R-Blue"のボディセットの中に入ってたんですよねぇ。」
K「やっぱり、僕も使ってるんですよ。でももうヨレヨレで・・・」
ひ「これ単品でほしいですよねぇ。」


という会話があったとか無かったとか・・・


↓話題の白い部品
Sv16


2kg級だがそれでもサーボにかかる衝撃が怖い私にはうってつけの部品。
サポート力はかなりのものです。
もちろん近藤のスペーサーも入れてますけど、パーツとパーツの隙間がきっちり埋まるのはよさげです。


いやぁ、これだけ売ってくれないかなぁ~。cat


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/12/01

VS-C1とREV-1

ということで、今回購入したヴィストンの「VS-C1」とクラフトハウスの「REV-1」のレポートです。

比較対照は今まで使ってた、PS2のワイヤレスコントローラとTEC-3との比較です。


↓大きさは大して変わりません。
N85

↓厚みは少し薄くなります。
N84


↓TEC-3と受信機の重さ32g

S034

↓REV-1と受信機の重さ25g

S035


ロボットに載せるにあたって、薄く、軽くなってることは良いことだと思います。

で、一つ問題というかあれなんですが・・・

↓コントローラのボタン部分に表示がありません( ̄◆ ̄;)
S036

まあ、何とかなるか・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/15

充電ドライバー(ミニ)

ちょっと前なのですが、誕生日に小さい電動のドライバーを買ってもらいました。

電動ドライバーにしては小さくて良い感じです。
034


電池を取り外して充電するタイプです。
035


このドライバー、実はROBOSPOTに置いてあるのを見たのがきっかけなんですが、RTでも使ってるようです。
ビットを交換すれば、ネジ穴のバリ取りなんかにも使えて便利(ROBOSPOTはこの使い方ですね)

ドライバーは閉めるときには使わないのですが、ネジをはずすときにかなり便利に使えます。

ちなみにこのEZ6120A15は生産終了しております。
新しくEZ6121A15という製品が出てるのですが、なぜか3000円ほど高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

ロボットハンガー

今日は、ロボットハンガーの話。

ロボットハンガー。その名のとおりロボットを引っ掛けて置くものレポートです。


現在MANOIをつるしているハンガーは、ツクモで購入したものです。
写真の左隅にKONDOものが写っているが、ロボットを保持するにあたり自由度が少ない。
また、もとはKHR用のようでMANOIは置く程度で、ハンガーに掛けてモーションの確認などには使えない。

写真のルービックロボットハンガーは、アルミフレームとビス、金具で構成されており、自由度は高く強度も申し分ないのでいい感じである。


N009


MANOIの方には吊るすのにおあつらえ向きの部分があるので、ここに引っかけるためのフックを針金で自作しました。

N010


これで、結構派手なモーションを実行してもロボットが落ちません。
まあ、もう少し改良の余地はあると思いますが結構満足できる買い物でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)