2017/01/02

デスクトップPCの電源を激安電源に交換

 忙しい年末に限って何か壊れる・・・

 突然PCの電源が壊れました。故障個所の特定が早かったのがまだ救いでしょうか。
 買い物に行く暇もないので、Amazonで安い電源を購入。そもそもPCは買い換えるつもりだったので、安い電源で良いかと思い5千円台の電源を購入してみました。
 玄人志向の電源も安かったのですが、こちらは3年保証がついており万が一の時にも安心なので決めました。

 

 AmazonでPC電源で検索すると上の段に出てくるので、そこそこ売れているのでしょう。


 翌日到着。
 便利だ・・・

Pc388


 こんな梱包は少し驚きました。

Pc389


 なんかゾーブみたい。
 

Pc391

 交換後、電源は順調動いています。
 音はかなり神経質な方なのですが、他に音源が無い状況でも気にならないレベル。
 もちろん無音ではないのですが。

 以前の電源


Pc390


 寿命7年。お役目ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/21

Realforce 91UBKを掃除する その2

 会社で使っているRealforce 91UBKも自宅に持って帰ってきて掃除をしました。
 手順は前回と全く同じ何ですが、キーボードの状態が若干違います。


Pc166


 何と錆びていません。

 やはり空調で管理された窓の開かない高層ビルで使っていると錆びないのか・・・

 あと特定のキーの刻印が薄くなっています。
 うーん興味深い。


 まあとりあえずキーボードはきれいになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/18

Realforce 91UBKを掃除する

 私、自宅と職場で東プレ REALFORCE91UBKを利用しております。
 かれこれ六年ほど前、自宅用に奮発してRealforceを購入したところあまりの打ちやすさに、職場用にも購入したくらいのものでございます。

 ブロアーで埃をとばすなどちょいちょい掃除はしているのですが、さすがに7年目に突入するとキーの下にたまった汚れが気になります。
 Realforceを分解するのが怖かったのですがそんなことも言ってられません。
 ということで、今回分解して徹底的に掃除をすることにいたしました。


 手順としては以下。

1.裏のツメをはずしてカバーをとる
2.キーをはずす
3.キーを洗う
4.キーを付ける
5.カバーをつける

 という手順です。


 今回キーを外すのに利用した道具はこちらの「ダイヤテック KeyPuller FKP01


Pc158


 
 使い方は少しコツがいるかもしれませんが、楽に抜けます。
 Realforceのキーはなかなかかたくて最初の一個目はビビりながらやりましたが、要領がわかれば簡単です。

 いろいろ取っ払った写真がこちら。

Pc161

 
 キーボードの台の部分は鉄製なのでところどころ錆が発生しています。
 窓から海が見えるくらいの海沿いなのでそこそこ物は錆びやすいのですが、まあ6年もたっていればこんなもんでしょうか。

 

Pc162


 キーはざるに入れて、洗剤で洗います。
 洗ったキーを戻した写真はこちら。

Pc160


 キー配置を忘れないように「外す前に写真を撮っておくとよい」などのアドバイスもあるようですが、メジャーなキーボードなので画像をググれば一発ででてきますので不要です。

 最後にカバーを戻して出来上がり。


Pc159


 きれいになりました。
 本当は掃除前の画像も載せようかと思ったのですが、あまりにも汚かったため自粛しました。
 
 さて、次は会社のRealforce 91UBKを掃除せねば・・・
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/16

3D CAD Tinkercadを使ってみる その2

 Tinkercadはいい。ただ、複雑な形状の部品設計には向かないようです。


017


 チュートリアルもそこそこに、自由に何か作ってみようと思ったのだが、いきなり壁にぶつかりました。
 部品の角を丸めようとFILLETの方法を探したのですが見つかりませんでした・・・


 元となる形状を組み合わせて、何かをデザインするにはとても簡単なツールだと思うし、子供でも直ぐに使い方をマスターできると思います。
 ビューを回転させる操作感は好きだし、オブジェと作るなら良いかと思うのですが・・・

 これでロボットにつなうようなちょっと複雑な部品を作るのは断念します。


 このクラウドのシステムは本当に良いです。
 他の人の作品も簡単に見れたりするので、"何か作ろうと思う人には参考になるかもしれません。

018


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/12

3D CAD Tinkercadを使ってみる

 手始めにオートデスクの「Tinkercad」を使ってみたいと思います。
 これを一番に選んだのは、ブラウザで利用できるから。今はやりのクラウドサービスと言えばよいでしょうか。

 mbedのクラウドの開発環境がいたく気に入っているのも理由の一つなのですが、どこにいてもwebにアクセスしてログインすればいつもの開発環境がでてくる、「もう昔には戻れない」と言い切れるくらい快適です。


 こちらに詳しく記載されている方がいますので参考にさせていただきます。
 
 登録はごく簡単です。
 登録後、チュートリアルが始まるので一通りやってみます。英語ですが、パソコンの用語がわかれば何とかなるレベルです。
 
011

 チュートリアルが完了した後の喜びの表現が海外っぽいです。
 
 

014

015

 
 他の人が作成したSTLファイルを取り込むこともできます。
 ただし、25MBが上限です。


 動きに関してはちょっと描画がもたついたり、Undoが少し遅かったりとありますが、おおむねOKなレベルです。
 もうすこし使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/08

30万画素ワイヤレスWebカメラ その2

□使ってみた

 Webカメラの使い方で困ること無いと思ってましたが、今まで使っていたのはLogicoolのものばかりだったので、若干違和感が・・・

 でもまあ、使えました。


□使えるかどうか

 ・画質はいまいち。
 ・ワイヤレスの距離は何も無ければ10mは行く。
 ・ワイヤレスの遅延はそこそこ。
 ・マニュアルフォーカスは使いづらい。
   わかっていたのですが想像以上に使いづらいです。今後は絶対AFのものを買いますね。
 


▼遅延の度合いがわかる動画を撮ってみました


 リアルタイム性を必要とするロボットの目として使うには、ちょっと使いづらい・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/20

Windows 8を使いやすくする方法

□中古のノートパソコンで使うにあたって

 もちろんタッチ操作に対応しているわけではありません。
 なので使いづらい。
 とりあえずデスクトップ中心に使う場合に使いやすくするポイントを3つほどメモ。

 

 1.ログインしたらすぐにデスクトップ画面を開きたい。

   ⇒スタート画面の『デスクトップ』のタイルを左上に持っていきます。
    するとスタート画面で「Enter」キーを押せばデスクトップ画面にすることができます。

    スタートアップにデスクトップを開くシェルを登録する方法もあるのですが、結局
    スタート画面からデスクトップに移動したいタイミングは頻繁にあるので、
    タブレット以外のPCでは必要な設定かと思います。
 


 2.設定(コントロールパネルとか)をすぐに出したい。

   ⇒Windowsボタン+i のショートカットキーを利用する。
    するとコントロールパネルにカーソルがあってるので、Enter押せば開きます。
 


 3.シャットダウン

   ⇒電源ボタン押す。
     これが一番早い。
   

 

 というわけでWindows8を少し使ってみたのですが、ちょっと驚いたのが同じアプリが2種類用意されていること。

 
 たとえば、Skypeは”Skype for Windows 8”がありますが、Windows8のデスクトップで利用するには"Skype for Windowsデスクトップ"が必要です。
 
 これって、作る側からすると・・・ややこしいですよね。
 
 法人でWindows8を導入する会社ってあるのかなぁ・・・
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/19

FMV-R8280 HDD交換

□とりあえずSSDを入れてみる

 今のパソコンのCPUは十分に早くなっているので、ボトルネックはHDDだと私は思ってます。
 メモリ増量とSSDへ換装すればストレスのないPCになるはず。
 

 SSDは手元に余っていた「OCZ Agility3」を利用。


◇FMV-R8280分解

 HDDを交換するには裏側のカバー全体を取り外します。

 

 
R005
 
 裏から見えているネジの他にバッテリーを外したところとと、ディスプレイポートの左右にある六角のネジも外します。
 
 

R006
 
 
 HDDが見えるので外してSSDを組み込みます。
 
 


R007


 
 以上で交換は終了です。
 今後はメモリを増設して、Windows8のテスト機にしたいと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/17

FMV-R8280を中古で買う

□はじめての中古

 FMV-MG75が壊れました。電源は入るけど、キー入力が効かない。
 USBキーボードをつなげば使えますが、モバイルとしてはもう使えない・・・

 最新のPCを買うほどのお金もないので、富士通の法人向けモデルであるFMV-R8280で良さげなものがあったので購入してみました。
 2009年の発売から3年たったので、リース切れしたものが豊富なのか出品数は多めで程度の良いものが探せます。
 
 
▼外観
R001

 
 ロゴが逆だ・・・
 
R002


 標準の天板カラーは黒なのですが、購入したのはカスタムメイドのシステムシルバーでした。違うのは色だけで、とくになにか性能が良いわけではありません。
 
 ただ、販売機関の後半に売られたものを選ぶポイントがあります。

 実はこの時期Intelがロゴを変更しており、縦長から横長でキラキラ光る部分が含まれたシールに変わっています。
 
R004

 初期ロットを避けたい人は注意してみると良いかもしれません。
 
 

 
 
 購入価格は22,800円(+送料1200円)です。

 状態を選ばなければ12800円くらいからあります。ただ法人モデルで安いものは無線LANが付いていなかったりするので、希望の機能があるかしっかり確認しておいた方が良いです。


 
 
 購入した中古品は、一部に塗装のはがれ、キズがあるのと、Windowsのプロダクトシールがはがれているくらいで状態は良いものでした。


R003

 現物を見ずに購入したので少し心配でしたが、中古としては良い買い物だったと思います。

 次回以降、少し手を入れていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/12

Windows Server 2012 の重複除去機能を使ってみた その2

□気を取り直してもう一度

 動画データは成果が芳しくなかったので、Vmwareイメージを500GBほど格納してみました。


◇結果
Pc068


 21%の除去率で110GBの節約。まあまあといった所でしょうか。
 ただOSの費用がかかることを考えると割高で、個人向けじゃありません。
 
 
 半分くらいになるのを期待していたので、少し残念です。
 
 暇があったらLinuxの重複排除も試してみたいと思います。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)